フラーレンは抗酸化物質が豊富な化粧品|アンチエイジングに効果的

顔に触れる女性

肌の白さを保つため

クリームを塗る女性

シミの原因となる活性酸素は、ビタミンCによって除去されます。しかしフラーレンなら、その100倍もの活性酸素を除去できます。肌がみずみずしい人は水溶性フラーレン、脂性肌の人は脂溶性フラーレンが配合されている美白化粧品を選ぶことが大事です。また、水溶性と脂溶性の両方が配合されている美白化粧品もあります。

詳しくはこちら

画期的なもの

クリームを塗る女性

画期的な成分としてフラーレンが注目されています。特に美容の分野ではその効果が認められており、老化の原因とも言われる活性酸素の除去効果などが大きく期待されています。

詳しくはこちら

ノーベル賞受賞成分

女性

フラーレンはその高い抗酸化作用、コラーゲン生成能力、活性酸素吸着力で化粧品には最適です。それにより、肌のさまざまな悩みを解消してくれるため非常に人気があります。正しいスキンケアと合わせて、その効果を最大限引き出しましょう。

詳しくはこちら

エイジングケアの最強成分

有名な賞を受賞したフラーレンの化粧品は美肌の強い味方です。抗酸化作用のある成分と一緒に吸収するとより効果的です。

ノーベル賞の受賞で注目

女性

フラーレンと言えば、化学を習っていれば名前は聞いたことあるものでしょう。炭素がサッカーボールのように結合した物質で、その独特のな形や性質から多くの化学者たちの興味を惹きつけています。フラーレンの発見者にはノーベル化学賞が送られ、世界中でも注目されている物質です。さて、化学者にとって興味深いフラーレンですが、実は美容業界でも大変注目を集めています。特に基礎化粧品として、高いアンチエイジング効果を発揮すると言われています。それは非常に高い抗酸化力によるもので、ビタミンCの170倍にも及ぶというデータも出ているようです。また、コラーゲンの生成を促進する効果もあり、プラセンタの800倍にも及ぶと言われています。安全性に関しては重大なトラブルも報告されておらず、医療現場でも使用される実績もあるため、信頼できるものと考えられています。

抗酸化作用の違い

フラーレンを含んだ化粧品は、高い抗酸化力と持続力が大きな特徴です。ビタミンCなど他の抗酸化成分は自分自身が酸化されることで活性酸素を抑えます。一方で、フラーレンは活性酸素を吸着する働きをします。活性酸素を吸着できるだけ吸着し、肌の新陳代謝で自然と排出される仕組みとなっています。また活性酸素にも様々な種類がありますが、吸着できる活性酸素の数が多いことも特徴として挙げられます。さらに、非常に安定性に優れているため、肌の角質層の長く留まることができます。肌にフラーレンを含む化粧品を塗ったとして、およそ12時間程度は持続すると言われています。このようにフラーレンは非常に優れた美容成分ですが、化粧品として他の美容成分との組み合わせることで相乗効果を発揮します。例えばビタミンCは不安定な成分であり酸化されやすい成分ですが、フラーレンを配合することにより酸化から守る役割をしてくれます。フラーレン自身の抗酸化作用と、他の美容成分も十分に働くため一石二鳥なのです。